Tomokazu Iwanaga(tomo)

記事一覧(62)

何故、海外へ…?

こんにちは(^-^)

さて…最近、お会いする方によく聞かれることが、

「何故、海外⁈」です。

答えは…凄くaboutに言うと、

「海外は、何故かワクワクするんです♬」

ゴメンナサイ、about過ぎますよね(^^;;

先ず、日本の美容室業界の現状を私なりに分析してみました。

ところで、
日本の美容室の数は何件あると思いますか?
23万件です(^^;;

うちのお店の徒歩3分圏内に美容室の数は、
10軒もあります!
もしかしたら、3分かからないかもしれません。

うちのサロンはJR小倉駅から徒歩3分のところにあるのですが、
日本最大級の某美容室検索サイトで、
「小倉駅周辺・小倉市街地」で検索すると…
徒歩10分圏内に93件もあります‼︎
このサイトに掲載してないサロン様を入れると、
かるく100件を超えます‼︎
かなりの激戦地区です(^^;;

ここからが私なりの分析です。

創業した約10年前位から美容室業界は価格競争が始まりました。
デフレの影響も受け、値引き合戦です‼︎
いまだに値引き合戦は続いてます>_<
恐ろしい価格で新規のお客様獲得に力を注いでます。

ちなみに、うちのサロンはお陰様で値引き合戦に巻き込まれてません(^-^)
何故、巻き込まれないかは企業秘密です!
それはさておき、分析の続きですが…

値引き合戦が続いてる現在、美容室業界どうなるのか⁈
ここからがシビアな分析、
①値引きはしたくないが、値引きしないと集客できない。
②値引きをし続けると、薄利多売なビジネスモデルになるのでスタッフを増やし、店舗を増やさないと利益確保が難しくなる。
③上記のやり方を続けると、スタッフが育つ前に出店しないといけなくなるので…安いだけのサロンになってしまいやすくなる。


実は①②③以外にもまだまだあるのですが、
沢山の事考え…私なりに総合的に考えた結果…
そして、言葉では言い表せないくらいの想いがあります。

一般企業に比べ日本の美容室業界には美容師さんが長く安心して働く環境が少なく、
さらには離職率の増加、40歳以上の男性美容師さんの数の少なさに繋がってるのでは…と思うのです。

長く勉強し、沢山の時間を費やし技術を身に付けてきたが…辞めざるおえない…
だったら…
辞める覚悟があるなら、
その最高の技術を持って海外で勝負できるのではと‼︎‼︎
そう思うようになったのが、5年前位です。

この分析、判断が正しいかはわかりません‼︎
考えは10人10色です。
価値観も10人10色。
経営判断も10人10色。

私は、海外へ進みます♬
勿論、海外も甘くないです!




私自身、人と違うことしたいですから‼︎‼︎



refuのオリジナル技術&知識を武器に♬

有難うございます(^^




日本を変えた幕末の志士達